着志〜ki-kokoro〜 出張着付け&着物レッスン

変わり帯結びは いろいろありますが、以下に分かりやすいように、大きく分けてみました。
お蝶々系・立矢系・文庫系・お太鼓系・それ以外・・・。創作で たくさんの帯結びがあります。
帯の硬さ・長さ・着付け師のアレンジの仕方によって全く同じにはなりませんが、参考に ご覧下さい。


お蝶々系

お蝶々系は、その名の通り、蝶々のように、羽根を横に広げた帯結びです。
羽根を何枚か作って広げる事により、豪華さが出ます。
華やかさ、かわいらしさが、演出できる 帯結びです。
その他、まだまだ たくさんの「お蝶々」をアレンジした帯結びがあります。

蝶々
重ね蝶
重ね蝶アレンジ
花重ね蝶
五三の桐


立矢系

立矢系は、花嫁さんの振袖着用の際に よく結ばれます。
ですので、結婚式への出席者の方は、「立矢」「のし 」といった帯結びは、避けた方が良いでしょう。
こちらも、お蝶々同様、華やかさが演出でき、少し大人っぽい振袖、背の高い方などには、とても映えます。
その他、まだまだ たくさんの「立矢」をアレンジした帯結びがあります。

立矢
のし
花重ね立矢
末広立矢
蝶立矢


文庫系

文庫系は、舞妓さんのだらりの帯をイメージしてください。
シンプルですが、とてもかわいらしい感じです。
ただ、形が崩れやすいという難点があるので、椅子に座る事の多い場合、人込みの多い所へ行く場合などは、お薦めしません。
その他、まだまだ たくさんの「文庫」をアレンジした帯結びがあります。

文庫
重ね文庫


お太鼓系

お太鼓の帯結びといえば、名古屋帯のお太鼓や、袋帯での二重太鼓ですが、それの変わり結びでの基本のお太鼓系といえば、ふくら雀です。
少し落ち着いた感じですので、あまり華美な帯結びではない方が・・・。と言った方にお薦めです。また、背もたれが出来ますので、長時間の椅子席の際は、お太鼓系が良いでしょう。
その他、まだまだ たくさんの「お太鼓」をアレンジした帯結びがあります。

ふくら雀
福寿草アレンジ
八千代太鼓
小槌
葵


その他

その他にも、いろいろな形をした帯結びがあります。着付け師によって、そのバリエーション・アレンジも様々です。
お任せにすると、その方の雰囲気・帯・着物に似合ったふさわしいものをしてくれるでしょう。

のしめ松
紅孔雀


帯締めアレンジ

はまなす
菊水

 

※ 帯結び写真の 無断使用・無断転載は、ご遠慮願います。

Copyright © 2001-2017 Ki-kokoro All rights reserved.